Just another WordPress site

WordPress

未分類

このように ワキガの原因の1つに食生活もあげられるのです

投稿日:

ワキガでない人の腋汗の色は 透明です

日本人ではおよそ10人に1人の割合で発症するワキガですが、ではワキガになる人とそうでない人とでは、どんな違いがあるのでしょうか?ここからは、ワキガを発症する主な原因を見ていきます。

当院では熟練医師が目で確認しながら丁寧に手術を行います。個人差はありますが、傷跡ができる限り目立たないよう、切開箇所も一箇所で、美容皮膚科ならではの丁寧なワキガ手術を行っています。

ワキガという名称は、腋(ワキ)の下(ガ)で発生するニオイであることに由来し、医学的には「腋臭症」や「アポクリン臭汗症」と呼ばれています。
また、ワキガをそのままにしても、体調を害したり、悪化したりすることはありません。

外耳道には、エクリン汗腺が存在しません。つまり、耳垢に湿り気があるのは、アポクリン汗腺から分泌された汗による可能性が高いと考えられます。外耳道にアポクリン汗腺がある場合、腋の下にも数多くアポクリン汗腺があることがほとんどです。
また、アポクリン汗腺は毛包の中にあるため、耳垢が湿っていてかつ外耳道に毛が多ければ、アポクリン汗腺がある、すなわちワキガであると考えて間違いないでしょう。

「ワキガ」とは、脇の下から不快な臭いが放たれる症状のことです。

ワキガでない人の腋汗の色は、透明です。これは、エクリン汗腺から分泌された汗は、水と微量の塩がその大部分を占めているからです。一方、ワキガの人の腋にはアポクリン汗腺が多くあり、アポクリン汗が大量に分泌されます。アポクリン汗は、たんぱく質や脂質、糖質、鉄分、アンモニアなどといったさまざまな物質を含み、これが腋に触れる衣類に黄ばみを残します。

ワキガの剪除法による治療は効果的な手術ですが、手術後のケアが不足すると血液が固まり皮膚が壊死などのトラブルが起こることがあります。当院では手術後のアフターケアを徹底することで、トラブルの少ない治療を心がけています。

ニオイの原因となる汗をこまめに拭くことで、ワキガのニオイを抑えられます。

この結果から推察されるのは、民族とワキガの発生率の関係です。民族によって差異がある最も大きな要因は、食生活にあると考えられます。古くから肉食を中心とする黒人・欧米人は、アポクリン腺が活発に働く傾向にありますが、野菜や魚を多く食べる日本人や中国人は、逆に退化傾向が強く、比較的体臭の少ない民族になったといわれています。
このように、ワキガの原因の1つに食生活もあげられるのです。

腋臭症、いわゆる「ワキガ」とは、わきから特有のにおいを発する状態のことを指します。
ヒトにはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺があります。エクリン腺は全身の体表面に存在し、サラサラとした汗を分泌します。この汗は99%が水分で、蒸発しやすいので拭き取ればにおいはあまり気になりません。一方、アポクリン腺はわきの下や陰部、耳の穴など特定の部位に存在し、たんぱく質や脂質を含んでいるベタベタとした汗を分泌します。ワキガの原因となるのは、アポクリン腺から出るベタベタした汗です。この汗に含まれる皮脂(低級脂肪酸)を体表面の細菌が分解するときに、強いにおいを発します。アポクリン腺は第二次性徴で発達するので、症状が出るのは主に思春期ごろからです。

日本人の場合、軽度なワキガを含めると、全体の10~15%の人に発生します。これに対し、黒人では100%、欧米人では70~90%、中国人では3~5%という割合になっています。

野菜や魚をほとんど摂らないなど食生活が乱れていたり、過度な飲酒や喫煙の習慣があったり、ストレスに悩まされていたり…。そういった生活習慣の乱れも、ワキガを発症する原因になります。

【目次】
・【ワキガのにおい】ってどういうの?
・【ワキガのにおい】臭い消しってあるの?

肉をはじめとした高カロリー、高脂肪食の食品はワキガの原因になる可能性があります。牛乳やバターなど、乳脂肪分が豊富に含まれるものも該当します。
できれば同じたんぱく質でも大豆製品や魚を中心にした食生活を心がけましょう。

また、ワキガと運動不足というのも実は密接な関係にあります。運動不足でストレスを抱えている状態だと、逆に汗腺に酸素の供給が不十分となってつまりやすくなり、ベトベト汗が出やすくなります。

-未分類
-

Copyright© WordPress , 2020 All Rights Reserved.