Just another WordPress site

WordPress

未分類

ワキガの人の多くが この2点に当てはまります

投稿日:

ちなみに ワキガは臭い以外でチェックすることが可能です

ニオイのもととなるアポクリン汗腺、汗のもととなるエクリン汗腺。これらが人より多かったり大きかったりすることが、ニオイの強いワキガの原因といわれています。
これを確実に取り除くことができるのが、剪除法です。

この中で、確実に治せるのがワキガです。原因がはっきりしているので、手術でアポクリン腺を取り除けば臭いがなくなるのです。ちなみにアポクリン腺が多いか少ないかは、体質で決まっています。これは遺伝的な場合も多いです。

ワキガは、医学的には「腋臭症(えきしゅうしょう)」と言います。
日本人は東洋人の中ではワキガが多くなく、日本人の性質としてニオイを嫌う傾向があるため、ワキガの人は集団から疎外されることもあり、深刻な悩みをもたらす疾患のひとつです。
病気としても認識されており、治療に保険が適応されることもあります。

脱毛効果は期待できます。皮膚の裏の汗とニオイの元であるアクポリン汗腺を取り除く際に毛根も一緒に取り除かれますので、ほとんどの毛が生えなくなります。ただし基本的にはワキガのニオイを取り除く事が第一の目的ですので、脱毛効果には個人差があります。また100%完璧に毛が生えなくなるわけではありません。

アポクリン腺の密度は人によって違うが、腋の下を触ると、皮膚の下にイクラの粒のようにはっきりしたブツブツがあり、確認できる。密度が濃い人ほどワキガが強い。一方、耳の穴の中には普通の汗腺の「エクリン腺」は存在しない。それでも耳垢が湿る人は、腋の下と同じ「アポクリン腺」が耳の中にあり、汗を分泌させているのだ。脇の下のアポクリン腺が濃い人は、耳の中にもアポクリン腺が濃い密度である人が多く、両者の関連は非常に強い。だから、耳垢の湿り具合でワキガの強さがほぼわかるというわけだ。

ワキガには食生活も関連しているともいわれており、肉を好んで食べる人ほどニオイが強いとされています。日本人が欧米人と比べワキガが少ないのは、この食習慣によるものが大きいと考えられます。自律神経との関連も示唆されており、ワキガの人には、自律神経が不安定なケースが多いこともわかっています。

女医が教える!【ワキガを治す】方法、これってウソ? ホント?

診断は、問診と簡単な検査で行われます。問診で大きなポイントとなるのが「家族にワキガの人がいるか」、「耳垢が湿っているか」の2点です。

別の体臭治療の専門医のサイトによると、耳垢の湿り具合は人種によって異なるそうだ。白人は90%以上、黒人は99%以上、ミクロネシア人は60%以上が湿性耳垢といわれる。一方、アジア人には湿性耳垢は少なく、中国人や韓国人は4~7%、モンゴル人はなんと0.0%、日本人は10%~20%前後しかいない。つまり、欧米人はワキガ体質の人が多いため、あまり気にしないが、日本人はワキガ体質の人が少ないため、逆にニオイのある人は気にすることになる。

また、ワキガが強いかどうかは、耳垢の湿り具合以外にも次の方法でセルフチェックできる。

(1)腋毛(わきげ)が濃い。アポクリン腺は腋毛が生えてくる毛穴にあるので、腋毛の濃い人は薄い人よりアポクリン腺が多くなる。しかし、腋毛が濃くても耳垢が乾いていればワキガ体質ではない可能性が高い。

そして、汗が原因の臭いには「ミドル脂臭」と「ワキガ」「疲労臭」などがあり、皮脂から放たれる臭いには「加齢臭」などがあります。

ワキガの人の多くが、この2点に当てはまります。ワキガは優性遺伝のため、家族にワキガの人がいる場合、遺伝する確率が非常に高いのです。また、ワキガのニオイの原因となるアポクリン汗腺は耳の中にも存在します。エクリン汗腺は耳の中には存在しないため、耳垢が湿っている場合は、アポクリン汗腺による汗の分泌があると推定できます。

体臭、というと男性のイメージが強いかもしれませんが、ワキガの男女比率はほぼ1:1で、やや女性の方が多いといわれています。また、女性の場合、性周期との関連も指摘されており、生理中や排卵期にニオイが強くなる人もいます。

ちなみに、ワキガは臭い以外でチェックすることが可能です。強いワキガ体質の場合、耳垢が必ず湿っているのです。もしあなたの耳垢がネバネバとしているのなら、ワキガを疑ってみてください。

-未分類
-,

Copyright© WordPress , 2020 All Rights Reserved.