Just another WordPress site

WordPress

未分類

ワキガ対処

投稿日:

ワキガ対処

脇には、「アポクリン汗腺」と呼ばれる汗腺が存在します。アポクリン汗腺は脇の下や外陰部、肛門、乳輪、外耳道といったごく限られた部分にある汗腺で、ここから分泌される汗には、脂肪(中性脂肪、脂肪酸、コレステロールなど)、タンパク質、鉄分、蛍光物質、尿素、アンモニアなどさまざまな物質が含まれています。アポクリン汗腺から分泌された汗が皮膚の常在菌とくっつくと、汗に含まれる成分や菌が腐敗し始め、ワキガのにおいを引き起こすのです。

アポクリン汗腺から出た汗が細菌と混ざって時間が経つと、ワキガの臭いを引き起こす原因となるため、脇汗をかいたらなるべく早くふき取りましょう。ワキガの汗はべとつきやすいので、汗拭きシートなどを使用するとさらに効果的です。

腋臭症とは、一般的にワキガと呼ばれるもので、アポクリン腺から分泌される汗が原因となって独特な体臭が発生します。

周囲の人から腋のニオイを指摘されるかどうかは、ワキガかどうかを判断する上でとても重要なポイントです。ニオイはデリケートな問題で、他人にはなかなか伝えづらいため、家族など近しい人に聞いてみるといいでしょう。実は、「自分はワキガだ」と思って病院を受診したものの、ニオイに敏感になりすぎている自己臭妄想(恐怖症)であるケースは多く見られます。

皮膚表面のムダ毛処理をすると、ムダ毛処理した切断面が尖っているため、毛が再生する際に、チクチクとした刺激を感じることがあります。この刺激は、皮膚にチクチクとした刺激を与えるだけではなく、刺激による摩擦により肌へのストレスが高まり、ワキガや色素沈着が悪化してしまうリスクも伴います。

自分がワキガかどうか見分ける方法を尋ねると「耳垢がキャラメル状ならニオイを発していると考えていいでしょう」と五味先生。もし、自覚があるなら人間関係を危うくする前に根治できる手術も視野に入れたい。

肉をはじめとした高カロリー、高脂肪食の食品はワキガの原因になる可能性があります。牛乳やバターなど、乳脂肪分が豊富に含まれるものも該当します。
できれば同じたんぱく質でも大豆製品や魚を中心にした食生活を心がけましょう。

脇の臭いには個人差があり、ワキガの臭いも人によって異なります。でももしワキガだったら…? 臭いを抑える方法を女医がわかりやすく解説します。

アポクリン汗腺から分泌される汗が細菌と混ざることでワキガの臭いを引き起こすため、汗をかきやすい人はワキガになりやすいと言えます。

脇に関するトラブルや悩みはワキガ以外にもたくさんあります。その一つが、ムダ毛を処理したときに現れることがある脇の黒ずみです。

頻繁に運動してこまめに汗をかくと、老廃物の排出を促すことができます。老廃物は細菌の繁殖にも関与するため、この量が減ると、ニオイを軽減できると考えられます。また、適度な運動はストレス発散にもつながります。
ただし、運動して発汗すると、どうしても一時的にワキガ臭が強くなることがあります。患部をしっかりと洗うことも欠かさないようにしましょう。

私たちの体は、いろんな部位から、さまざまなにおいを発生させています。汗をかいて時間がたったときの、ツンとしたワキのにおい、脂っぽい頭皮のにおい、顔をそむけたくなる足のにおいなど……。満員電車で中年の男性に囲まれると、独特のにおいも漂ってきます。一体においとは何でしょうか?

ワキガの臭いの違いは、脇に発生する悪臭物質の差によって引き起こされます。

アルコールやニコチンには、汗腺を刺激する作用があります。摂取するとアポクリン汗腺の働きが活発になるので、控えた方がよいでしょう。また、アルコールやニコチン自体が強いニオイ成分でもあるので、ワキガ体質でなくとも、体臭がきつくなる原因になります。

アポクリン汗腺を刺激する食べ物を多く摂取すると、ワキガの臭いが強くなってしまうおそれがあります。 全く食べてはいけないわけではありませんが、日ごろから多く食べ過ぎないように注意しましょう。

-未分類
-

Copyright© WordPress , 2020 All Rights Reserved.