Just another WordPress site

WordPress

未分類

両親のどちらかがワキガ(腋臭症)の場合は高い確率で発症します

投稿日:

両親のどちらかがワキガ(腋臭症)の場合は高い確率で発症します

薄着で過ごす機会が増えるこの季節は、ワキのニオイ、いわゆる「ワキガ臭」を防ぎたいと情報を探す人が増える時期です。ワキガは正式には「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ばれており、形成外科などの医療機関で治療をすることが可能です。一体どのような治療法があるのでしょうか。また、強い臭いはなぜ起こるのでしょうか。大阪大学医学部附属病院形成外科教授の細川亙先生にお伺いしました。

腋臭症はその人が属する集団の性質、本人の自覚症状、他者からの客観的評価によって成り立つものであり、同じニオイを発していたとしても「正常」と捉えることもできます。これを理解するには、いわゆるワキガ臭が生じる原因や日本人の持つ人種的特性などを理解する必要があります。

両親のどちらかがワキガ(腋臭症)の場合は高い確率で発症します。
ワキガ(腋臭症)の原因となるアポクリン腺は性腺の1つでフェロモンともいわれているため、臭いの症状は思春期に活発になり中年期と共に減少します。
未成熟な時期に手術をするよりもアポクリン腺が発達し、症状が確認できてから手術をする方が効果的です。

確かにワキガ(腋臭症)と耳あかには深い関係があり、耳あかが湿って軟らかい方の80%くらいはワキガだといわれていますが、逆に耳あかが軟らかくてもワキガではない方、臭いがない方もいるということです。
また、ワキガ(腋臭症)のある方でも臭いの程度は人によって大きく違います。
臭いの弱い方で永久脱毛など腋毛の処理をしている場合は、悪条件がそろわないと臭いに気づかない場合もあります。

大阪大学医学部附属病院の形成外科では、基本的に「身体への負担が少なくコストもかからない治療法」から順に選択します。たとえば、ニオイの程度が軽度であればご本人ができる制汗剤の使用などから始めていくというわけです。いわゆるワキガ臭が起こる原因は、アポクリン腺から出る汗に含まれる有機物が細菌に分解されることです。ですから、汗を抑えたり汗腺を詰めるタイプの制汗剤のほか、細菌増殖を抑える消毒液を使用することもあります。

ワキガ(腋臭症)の手術後は特に腕を動かす領域に制限がかかりますので、運動の種類にもよりますが経過に問題がなければ2週間後くらいから始める事ができます。

ワキガ(腋臭症)の手術はアポクリン腺からの汗は抑制できますが、エクリン腺からの汗は抑制できません。エクリン腺からの汗は多汗症治療のボトックスを注射することで止める事ができます。

ワキガや多汗症ほどではないけど、 「汗臭いのが気になる」「わき汗の染みが気になる」という方にもお勧めです。一度の施術でも効果を実感できます。

ワキガ(腋臭症)の手術は脇の下の皮膚を切開し剥離するため、手術後は腕を動かす動作などに運動制限があります。

当院のワキガ手術は全て健康保険適用で費用面も安心です。

ワキガ(腋臭症)の手術は原因となるアポクリン腺を取り除くので、臭いの発生を止める事ができます。

当院ではボトックスによる治療以外の施術(剪除法によるワキガ手術、ミラドライ)は、カウンセリング当日の手術はお受けしておりません。カウンセリング後、別の日時でご希望を伺いご予約をお取りさせていただきます。

私の耳あかは軟らかいのですが、耳あかが軟らかい人はワキガだと言われました。人から臭いを指摘された事もありませんし、自分でも臭いがあるとは思えません。

-未分類
-,

Copyright© WordPress , 2020 All Rights Reserved.