Just another WordPress site

WordPress

未分類

職場での「臭い」被害が多発しています

投稿日:

同じ職場の一人ひとりに それとなく臭いのことを尋ねます

...インターネットで誹謗中傷をされています。 内容があまりにも酷いので制裁を含めた対応を考えています。 場合によっては告訴も辞さないつもりです。長文失礼します。私(男)、相手(女一回り程下)お互い職位は部門長。 今年の年初に今の職場に人事異動で来ました。 そこで同じ職場の違う部署の女性からあまり好か...

まず見分けなければいけないのは、「本当に不快な臭気があるのか」ということです。それを判断するには、訴え出た社員のほかに「くさい」と感じている人が周囲にいるかどうかを確定します。同じ職場の一人ひとりに、それとなく臭いのことを尋ねます。

Aさんは責任者の指示に納得できないようだが、「たとえ手術をしたとしても、そんな職場には戻りにくいです。自主退職を促されているようにも感じてしまいます・・・」と記している。

こんにちは。 タイトルの通り職場の隣席女性(25歳)がワキガなのです。 最近は出社 直後から臭いがし、午後はピーク ... トピ主さんの気持ちが痛い程わかります。 私の場合 も隣の後輩。 この時期はトイレに行っても、あっ、このトイレ使ったな!

体臭には本人の体質によるもの(わきが、加齢臭)とそうではないもの(香水、たばこなど)があります。
このような体臭により周りの社員が不快な思いをすることを、「スメルハラスメント」といいます。
1人の体臭が原因で仕事に集中できなかったり、職場の雰囲気が悪くなったりすることもあります。

もし複数の社員が「実はくさいと思っている」と証言するようなら、職場の迷惑になるような体臭を放つ人がいるということです。そうなって初めて会社は対策に動き出せます。

このような場合、従業員は職場の指示に従わなくてはならないのだろうか? 労働問題にくわしい中村新弁護士に聞いた。

職場での「臭い」被害が多発しています。きっかけは2011年、東日本大震災後の電力不足の夏に、エアコンの設定温度が上がったことで体臭への苦情が急増したのです。「スメルハラスメント(スメハラ)」という言葉が新聞紙上に現れたのは翌12年のことです。

セクハラ、パワハラのセミナーを開催している企業は増加しています。
しかし、スメハラ対策について取り組んでいる会社は少ないでしょう。
安衛法に掲げられている「快適な職場環境」を作り上げるにはスメハラも大きな問題となります。
セクハラ、パワハラセミナーの中にスメハラについても盛り込んでみてはいかがでしょうか?
スメハラというと刺激的ですので、身だしなみチェックセミナーと題してスメハラとはどういうものかを説明するのもよいでしょう。
スメハラ対策として自身の身だしなみに気を遣うことを啓発することで、今まで関心もなかった自分の体臭について気遣うようになるのではないでしょうか。
香水についてもどのような匂いなら職場でも問題ないかを伝え、見本の香水の匂いを体験してもらうのもお奨めいたします。

-未分類
-, ,

Copyright© WordPress , 2020 All Rights Reserved.